子供部屋のインテリアについて

家具の素材

子供部屋のインテリアとして家具を選ぶ時、家具の素材が気になる人も多いでしょう。 どんな素材が使われているかで強度が変わりますし、塗料は子供に害がないものを選びたいものです。 ここでは、使われている材料の構造や加工の違いを・・・

企業の家具ショールーム

子供部屋のインテリアを選ぶ際には、企業のショールームを見て参考にするのも1つの方法です。 コイズミキッズファニチャープラザは、学習机や家具を販売している小泉産業株式会社の子供部屋づくりのためのショールームで、大阪府箕面市・・・

子供部屋の家具のレイアウト

子供部屋のインテリアを考える時、部屋のどの場所に家具を置くかを考えることはとても大切です。 子供部屋は、遊び場、勉強、就寝の場所と、様々な用途に使われるので、家具も多くなってしまいます。 子供が快適に過ごせるよう、家具の・・・

子供部屋の絵本

子供が生まれると、子供のための絵本がどんどん増えてくることでしょう。 絵本は、子供と親とのコミュニケーションにもなりますし、子供は想像力を膨らませます。 そして、見ているだけでも楽しい絵本は、素敵な子供部屋のインテリアと・・・

子供部屋の照明

子供部屋は遊んだり、勉強する場所なので、照明を選ぶ時にはそのことを考慮する必要があります。 子供が小さい間は、子供部屋でボールを投げて遊んだりします。 万が一、何かが照明に当っても怪我がないように、全体照明は、ペンダント・・・

子供部屋のインテリアカラー

子供部屋の色彩は、成長に合わせて色を変えていくのが良いと言われています。 幼児期の子供は、カラフルな、はっきりとした色を好みます。 幼児期に、たくさんの色に触れると、感受性の豊かに育つと言われています。 そのため、幼児期・・・

乳幼児玩具の安全性

2004年中に東京消防庁がまとめた家庭内における不慮の救急事故によると、居室での事故で多い順に、転倒、薬物中毒、異物・誤飲、が報告されています。 おしゃぶりやガラガラなど、口に入れる玩具や、積み木、ブロックなどのように口・・・

子供の誤飲事故について

子供部屋のインテリアとして、かわいいおもちゃを選ぶ方も多いと思います。 最近は、幼児に危険がないよう、丸みをおびた角のないものや、洗えるおもちゃなど工夫されたものが多く販売されていますが、それでも子供の誤飲事故はあります・・・

子供部屋の家具を選ぶ際の注意点

子供部屋のインテリアとして、家具を選ぶ際に注意する点があります。 ・子供部屋の大きさに合った家具を選びましょう。 ただし、部屋の大きさだけでなく、子供部屋の入り口のサイズ、玄関のドアのサイズ、エレベーターのある場合はその・・・

頭の良くなる子供部屋

2007年、子供の頭が良くなるマンションが販売され、話題になりました。 有名私立中学に合格した子供の自宅の間取りなどを参考に、勉強のしやすい環境を整えたマンションです。 母親が子供の様子をわかるように、キッチンは住居の中・・・

インテリアでの事故

2007年1月、ガリレオ温度計が割れ、1歳の女児が中の液体を浴び火傷で入院するという事故がありました。 この事故があった商品には、中の液体が何かという表示はありませんでした。 ガリレオ温度計は、気温の変化に伴って、温度計・・・

シックハウス症候群

近年、住宅やマンションの高気密化によって、目がチカチカする、呼吸困難、皮膚への刺激、めまい、頭痛、吐き気などの症状を訴える人が増えています。 これをシックハウス症候群と呼びます。 また、いったん化学物質によって過敏な状態・・・

ホルムアルデヒド

ホルムアルデヒドとは、無色の刺激臭のある気体の化学物質です。 水に溶けた37%溶液は、ホルマリンと呼ばれます。 ホルマリンは防虫、防腐剤として広く使用されています。 ホルムアルデヒドは、塗料や接着剤、床材、家具、日用品の・・・

子供部屋の耐震対策

日本は、地震の多い国です。 大きな地震が起こると、テレビが飛んだり、家具が倒れたりして、その下敷きになって大怪我や、亡くなることもあるので、地震対策は子供部屋のインテリアを決める際に注意が必要です。 子供部屋には机、本棚・・・

おもちゃの安全のためのSTマーク

おもちゃは子供が楽しめ、心身の成長に役立つものです。 子供部屋のインテリアとして、おもちゃのデザイン性を考えると同時に、子供のために丈夫で安全な商品を選ばなければなりません。 そのための基準として、(社)日本玩具協会が指・・・

商品の安全のためのSGマーク

子供部屋のインテリアを選ぶ際には、デサインだけでなく、商品に安全性も重要です。 その際の指標となる1つが、商品についているSGマークです。 万が一、このマークがついた商品の欠陥で事故が起こった場合、被害者1人当たり、最高・・・

子供の事故の予防

子供は日々、成長・発達していきます。 まだ、赤ちゃんであっても、手足を動かしているうちに、ずり上がってくることもあるので、ベビーベッドに寝かせる時には、必ず柵を上げておいてください。 また、柵があっても、体が移動した時に・・・